東芝の4Kテレビ「58Z8X」についてお伝えします!


それぞれのメーカーが発売している、最新の4Kテレビを比較してみると、
東芝の4Kテレビは、やはり色の鮮やかさで勝負しているようです。

今日は東芝の4Kテレビ「58Z8X」について
お伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

東芝の4Kテレビ「58Z8X」

実際に購入した方のレビューを見てみると、
すっきりとした画像の鮮やかさが好評です。

東芝の「REGZA」シリーズは、高画質ということで
以前から人気がありますので、4Kテレビである「58Z8X」も
ユーザー口コミで定評があります。

お値段は、58型で27万弱からと言ったところでしょう。

東芝のREGZAシリーズ、4Kテレビ「58Z8X」は、

画素数が横3840の縦2160で、商品サイズは、幅が130.6センチ、
高さが85.7センチ、奥行が37.4センチ、
重さがおよそ36.5キログラムとなっております。

 

東芝の技術である「4Kノイズリダクション」という
高画質処理を行なっていますので、

他社の製品と比較しても、
画像がスッキリクッキリ鮮やかに映し出されています。

ご家庭用のお手ごろ価格の4Kテレビを比較しても、
もっともノイズが少なめで、暗いシーンも見づらくありません。

映画で暗いシーンが多い作品は、
見づらかったり目が疲れたりするのですが、
それも解消してくれることでしょう。

画質の好みは個人個人で違いますから、もし、
色に物足りなさを感じたら、
コントラストを調整してみると良いでしょう。

「おまかせモード」に切り替えると、コントラストが強めになりますから、
比較的、立体感が感じられもっと見やすくなります。

テレビ番組、映画、スポーツなど、
見るコンテンツによってモードを切り替えてもよいですよね。

機能も充実

東芝の4Kテレビ、「58Z8X」はリモコン操作もわかりやすく、
比較的、扱いやすいので初心者にもおすすめです。

そして、外付けハードディスクを取り付けることによって、
他のテレビと同様に録画可能となりますが、
4Kテレビ「58Z8X」は録画機能が優れていることも魅力です。

タイムシフトマシンというものがあり、
その方の視聴スタイル合わせてカスタマイズ、

最大で6つのチャンネルで、
合計80時間分の番組を、一時的に保存してくれます。

自分が興味を持ちそうな番組をテレビが自動的に予想して、
録画しておいてくれるので、録画セットのし忘れがあっても安心です。

毎日、番組表をチェックして、まめに録画予約ができればよいのですが、
そんな時間がないという忙しい方にはぴったりでしょう。

機能も優れていますし、画質も鮮やかで、操作も簡単ですから、
4Kテレビ「58Z8X」は、ご家庭用に二重丸な4Kテレビと言えるでしょう。

ところで、4Kテレビの買い時は消費税増税前と言われておりましたので
実際に購入された方も多いでしょうね。

後は、ねらい目としてモデルチェンジをする前は、
前の型の価格が下がりまので、おすすめです!

このようなタイミングは自分で事前に情報収集をしたり、
電気屋さんのスタッフと仲良くなって教えてもらったりと、
リサーチも必要になります。

4Kテレビは家電のなかでも、比較的高い買い物ですし、
ひとつ前の型でもいいという方は
このような努力で安く手にいれられることでしょう。

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す