節分の由来は?恵方巻は何故食べられるようになったのか?


いよいよ節分の季節が迫ってきました。
節分って何かと賑わう行事の一つですよね!

僕は昔から何かと鬼の役をやらされることが多かったのですが。
豆を投げられるより、まず外の寒さが辛かったです!

今日は節分の由来や恵方巻きについて
お伝えしていきたいと思います!

スポンサードリンク

節分とは?

節分とは季節の変わり目、春の始まりに行われる行事です!
寒さがピークの時期なのでとても寒いですね。

037432

「鬼は外、福は内」と叫びながら大豆を撒いて、
自分の年齢の数だけ豆を食べます。
豆を食べることによって厄除けを行います。

昔から季節の変わり目になると鬼が発生すると考えられており、
それを追い払うための行事なんですね。

都に襲撃に来た鬼に炒り豆をぶつけて目をつぶし災厄を逃れた。
という言い伝えから

豆を投げる習慣が始まりました。
穀物には魔よけの力が備わっているという信仰があったそうです。

その為、豆を食べると体が丈夫になると伝えられてきました。

シーズンが近くなるとスーパーマーケットでは節分にちなんだコーナーが
できて賑わいますよね!

その光景を見ると、
「節分の季節かぁ~」って毎年感じますね!

■スポンサードリンク■

恵方巻を食べよう

(えほうまき)とは
節分の日に食べると縁起がいいと言われる太巻きです!

037532

普通に食べるのではなく丸かぶりするのが習慣になっていますね!

七福神にちなんで7種類の具材が入れられていて
神を巻き込むと言われています。

具材はこれといって決まってはいないのですが、
代表的な具材として
かんぴょう、きゅうり、しいたけ、卵、うなぎ、おぼろ
高野豆腐、ほうれんそう、にんじん、しょうが、菜の花、しそ、漬物
などが
あります!

シーズンが近づくとコンビニやスーパーなどでは
一斉に売り出しが始まりますね!

昔はそこまでメジャーではなかったのですが
ここ最近一気に広まってきたのではないかと思います。

起源は?

確かではありませんが
豊臣家の家臣が戦勝を祈るためこのような行いをしたことが
始まりだと言われております。

後に、豊臣家大好きな大阪民国の国民の一部が行い
広まったのだといわれております。

 

2月の代表的イベントである節分、
是非楽しんでくださいね!

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す