電気自動車とガソリン車を比較してみました!


電気自動車って数年前から登場していますが、
あまり乗っている方を見ませんよね?

でも将来的には電気自動車が主流になると
僕は思っています。

そこで、電気自動車とガソリン車を比較してみました

スポンサードリンク

電気自動とガソリン車の違い

これからの未来では電気自動車が主流になるかもしれませんが、
現時点でガソリン車が上回るメリットは無いです。

減税や補助金などの国を挙げてのバックアップがなければ
電気自動車は普及していかないでしょう。

もちろん、ハイブリッドカーが多くの人に認知されているように
電気自動車の価格が高くても広まっていく可能性は十分にあります。

ただ、ガソリン車が簡単に無くなるわけでは無いですし、
電気自動車のメリットばかりがあるわけではありません。

現在の電気自動車の欠点は走行距離です。

1回の充電で走ることができる距離には限界がありますから、
近場を乗り回す人だけが利用できます。

長距離はガソリンスタンドが必要なんです。
そこでEV充電スタンド構想が持ち上がっています。

ガソリンスタンドと同じレベルでEV充電スタンドがあれば、
電池切れを心配する必要はありません。

ただ、そのための投資とそれを回収するための利益がなければなりません。

現時点では解決しなければならないことがたくさんあります。

時代はどんどん進歩しますので、
充電に関する技術も毎年のように改善されています。

これらのことから電気自動車とガソリン車を比較するまでもなく、
いずれは電気自動車が主流となると予想されるのです。

ガソリンがいずれなくなることは明白です。
その点太陽電池を始めとする電気を作り出す設備は永久に続くと考えられます。

エコカーイラスト2

電気自動とガソリン車の比較

環境問題やガソリンの高騰によって
電気自動車が非常に注目されるようになりました。

ガソリン車はガソリンがなければ動きません。

そして、ガソリンは天然資源ですので、
いずれ枯渇することが分かっております。

電気自動車とガソリン車を比較するまでもなく、
いずれは電気自動車の方が多くなることは予想されます。

このような状況で電気自動車のメリットと
ガソリン車のデメリットを比較しても意味がありません。

ただ、ガソリン車にいつまで乗り続けるかと言うことだけでしょうか。
どちらを選ぶかは純粋に個人的な事情だけですね。

費用だけを考えれば、ガソリン車の方がメリットは大きいでしょう。

電気自動車に対する補助金や減税が行われているのですが、
それでも割高感は否めないです。

将来においては価格の低下は見込めますから、
いずれはガソリン車と比較して遜色ないか安くなることが期待されます。

現時点で電気自動車を普及されるためには、
もっと強力な補助制度が必要になってくるでしょう。

一気に電気自動車を増やすのではなく、
少しずつ10年程度の先を見た政策が必要です。

ガソリン車も電気自動車に対抗するように、
性能が良くなっております。

燃費だけなら軽自動車と言う選択肢もあります。

自分のライフスタイルに合わせて、
自動車を選ぶことが重要でしょう。

あなたはどのような車の使い方をしていますか?

通勤のために車を使っているのでしたら、
その燃費には関心が高いでしょう。

ただ、電気自動車の経費で元を取るためには
10年では全然足らないです。

これから期待されるところでしょう。

■スポンサードリンク■

電気自動とガソリン車のメリット

電気自動車がガソリン車と比較してすぐれている点を上げてみましょう。
それが、電気自動車を購入するメリットと言えます。

地球環境にやさしいことは排気ガスを出しませんから、
当然のことと言えます。

信号待ちなどでのアイドリングもありませんから、
とっても静かです。

ガソリン車では化石燃料の枯渇が危惧されていますから、
その対応をする必要がない点も電気自動車の大きなメリットですね。

それから、減速時はその動力で電気を起こすことができますから、
エネルギー効率の高いシステムを作ることができます。

下り坂であれば、原理的に電気を使わずに
発電することに専念できるんです!

電気代とガソリン代の比較はその時の石油の状況によって
大きく変わりるのですが、電気代の方が安いことは間違いありません。

EV充電が当たり前となりましたので、
家庭でも車の充電が可能です。

誰でもが簡単に充電できる時代となったのです。

ガソリン者と違って爆発しない点
大きなメリットでしょうか。

車の事故などで一番心配なのは車の爆発です。

爆発

映画のカーチェイスのシーンで車がよく爆発しますが、
電気自動車の時代になると、そんなシーンもなくなってしまうことでしょう。

電気自動車は低速走行時のエネルギー効率が高いことも特徴として上げられます。

渋滞で信号待ちなどなら、さらにメリットは高まることでしょう。
航続距離が短いことだけがデメリットとして上げられます。

ただ、これは技術の進歩とともに
いずれ解決されるのではないかと思っています。

電気自動とガソリン車の燃費

最近注目されるようになってきました電気自動車ですが、
ガソリン車と燃費を比較してみましょう。

もっとも、ガソリンの消費量と電気の消費量を比較しても
あんまり意味がありませんから、
それにかかるお金を調べてみましょう。

ガソリン車で最高の燃費はおおよそ30km/Lです。
1L160円とすれば、1km当たりおおよそ5.3円です。

これに対して電気自動車は1000kmで1,400円程度ですから、
1km当たりになおすと1.4円です。

いかに電気自動車の燃費が良いか分かると思います。

ただ、ここで問題となるのは電気代が
将来も同じ価格を維持できるかと言うことです。

日本全体では電気は国内で賄っていますが、
実際には輸入した石油を燃やしています。

つまり、電気も化石燃料に依存しているのが実態なんです。

原子力発電の是非が議論されていますが、
原子力発電がなければ、現在の電気を賄うことができなくなるのです。

将来にわたる国レベルでのエネルギー政策が求められています。
個人的な燃費の計算など意味が無いです。

自分が少しでもガソリン消費を減らすことで、
日本全体が安心して暮らせるようになると考えてください。

どちらが得かと言う観点は
自分の子どもたちの時代に問題を先送りしているだけです。

もちろん、すぐにガソリンが無くなるわけではありませんが、
ガソリンの高騰と連動して電気代も上昇します。

対比した車の比較ではなく、
もっと大局的な視点を持ちたいものですね。

ただ、現在の電気自動車は性能的に満足できても、
購入するためには高すぎることも事実です。

エコカー

電気自動とガソリン車の価格

電気自動車とガソリン車を比較する時に
どちらコストパフォーマンスがいいかと言うことが
焦点となることが多いようです。

しかし、車体価格だけを比較すると
電気自動車の方がはるかに高いことは明白です。

将来においては逆転する可能性はありますが、
この数十年ではガソリン車の方が安いことは間違いないでしょう。

ガソリン車はほぼ完成された技術ですから、
低コスト化も限界に近いものがあります。

しかし、電気自動車はまだ歴史も浅く、
いくつかの問題点があります。

それらを克服することによって
価格が劇的に下がる可能性を秘めているのです。

あなたは電気自動車とガソリン車のどちらを購入しますか?

価格だけなら断然ガソリン車ですが、
地球環境に配慮したいと思うなら電気自動車でしょう。

価格は高くてもそれが購入できるのだと言う
ステータスシンボルを意識するかもしれません。

自分たちが住んでいるところの空気を綺麗にできるのでしたら、
少しコスト高でもいいのではないかと思います。

ただ、現在は電気自動車の価格は少し高いと言うレベルではなく、
かなり高いレベルです。

10年ぐらい経てば、状況は変わってくるでしょう。

差がどれくらい縮まれば、
電気自動車を購入する人が増えるのでしょうか。

ハイブリッドカーが人気ですから、
いずれ電気自動車も人気が出てくるでしょう。

現在の電気自動車は走行距離が短いと言う欠点があります。

近場で乗るだけの人は利用できますが、
遠出をする人には電気自動車は利用価値が無いです。

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

2件のコメント

  • 松川 隆美

    すごすぎて[怖]・・・・・・~ぃ
    とこ敢えてぉ尋ねします。
    完成までにどれだけの時間を費やしましたか!?

    • satosi

      コメントありがとうございます!
      そう言っていただけると嬉しい限りです。

      コチラの記事の制作時間ですが、
      おおよそ3時間くらいかと思います。

      前日にある程度考えはまとめていましたので、
      思ったより時間はかからなかったです。

      参考にしていただければと思います。

コメントを残す