工場などの製造業の面接対策について


就職活動において、大きなウエイトを占める
もののひとつが面接です。

工場などの製造業においても、
面接の重要さは変わらないです。

事前にしっかりと対策をしておかなければ、
本番で言いたいことも言えず、
せっかくの意欲がムダになってしまうかもしれません。

では、どのような面接にすれば
採用担当者に好印象を与えることができるのでしょうか?

スポンサードリンク

どのような面接にすればいいか

製造業の中でもいろいろなジャンルがあるため、
一概に「これが正解」とは言えないですが、基本的な考え方としては、

「いかに相手を納得させることができるか」ということがとても重要です。

面接を受ける上で、「なぜ」と問われることが多々あります。

なぜそうしようと思ったのか。
なぜこの工場で働きたいと思ったのか。
なぜ以前の職場を辞めたのか。

 

このように、さまざまな「なぜ」という質問を受けるはずです。

その際に、相手が十分に納得できるような回答ができたら、
かなり良い印象を与えることができるでしょう。

製造業の就職において、技術や資格なども選考材料のひとつになるんですが、
このような質問に対して納得性が高い回答ができれば、
足りない分のスキルをフォローできる可能性も高いといえます。

逆に言うと、真面目な性格で技術もあり、意欲があったとしても、
さまざまな質問に対して柔軟な受け答えができなければ、
あまり良い印象を与えられないです。

大事なことは、相手の求めていることに
しっかりと答える
ということです。

自分よがりの答えにならないよう、
しっかりと十分に対策を練っておきましょう。

面接1

面接担当者に合わせた質問を

しっかりとした資格を持っていれば
安定した収入を確保することができる、
工場などの製造業は

資格さえ持っていれば、万が一その工場を辞めることになっても
次の就職に有利なため、とにかく手に職をつけたいという人に、
製造業は人気が高い職種です。

あらゆる職業に共通することですが、
就職や転職の際には面接を受けるのが一般的です。

面接で相手に良い印象を与えることができれば、
職に就ける可能性がかなり高まります。

そのため、実際に面接を受ける前に
きちんとした対策を練っておく必要があります。

面接において大切なことのひとつに、
面接官によって尋ねる質問を変えるということがあります。

これは意外と見落としがちなポイントなので、
気をつけてください。

面接を受ける前に、何を質問するかということを事前に用意しておくと、
どうしてもその質問をしたくなるものです。

しかし、相手によってはその質問がふさわしくないこともありえます。

たとえば面接担当者が役員クラスだった場合、
具体的な仕事内容やスケジュールについて聞くのは全く良い質問とは言えません。

相手が部長、役員クラスだった場合、
会社がどのようなビジョンを持っているのか

事業計画はどのようになっているのかということを
聞いた方が相手も答えやすいものですね。

このように、相手によってすべき質問というのは全く変わってきます。
そのあたりも含めて対策しておくようにしましょう。

あらかじめ考えた形通りの質問をするのではなく、
相手に合わせたふさわしい質問をすることが大切ですね。

■スポンサードリンク■

仕事を続けながら転職先を探した方が良い理由

現在働いている職場に不満があり、
転職を考えている人もいるかもしれないです。

例えば、工場などの製造業はなかなか休みを取ることが難しいため、
ワークライフバランスを考えて別なところへ
転職を考えているケースもあるでしょう。

転職活動の対策としてまず考えなければならないことに、
現在の職場に勤めたまま次の職場を探すのか、

それまで勤めていた工場などを辞めたうえで
次の職場を探すのかという問題があります。

一般的に、このような場合は現在の仕事を
しつつ次の職場を探した方がいい
とされていますね。

これにはいくつかの理由があります。

まず収入面です。
会社を辞めてしまえば、
当然収入が途切れてしまいます。

自分の都合で退職した場合、
失業保険が支払われるまでに数ヶ月の期間が空いてしまうのです。

そして、今よりも良い職場が見つからないという可能性もあります。

同じ製造業で、もっと良い条件のところを探してみたものの、
なかなか見つからないということも十分にあり得ます。

また、良いところを見つけたとしても、
条件が良ければその会社への就職を目指すライバルも非常に多いはずです。

そうなると、転職できる可能性は低くなってしまいます。

さらに、離職期間が長くなってしまうと、
選考の面接の際に不利に働いてしまう可能性が高まります。

長い間仕事に就けないことは自分にとっても
ストレスになってしまうため、精神的にも全く良いことではありませんね。

以上を考えると、やはり現在の仕事を続けつつ、
じっくりと面接などの対策を立て、転職先を探すのが得策と言えます。

後姿

面接では前向きな回答を

さらに良い条件の職場を探すために、
現在転職活動をしている人もいることでしょう。

現在、工場などの製造業に勤めつつ、
転職先を探している人も多いのではないでしょうか。

中には、書類選考は通過するものの、
なかなか面接を通過することができないという人もいるかもしれません。

このような場合は、
面接対策が十分ではないことが可能性として考えられます。

IT関連、建築業、製造業など、いろいろな業種がありますが、
基本的な面接のポイントにあまり差異はありません。

特に転職による中途採用の場合は、
以下の点について十分に対策をしておく必要があります。

まず1つ目が、その人が即戦力として活躍できるかどうかという点です。

これはよく聞かれる長所や短所、
自己PRなど、さまざまな質問によって確認されます。

複数の会社を受ける場合、どこの会社の面接でも
同じような受け答えをしている人もいるのではないでしょうか。

これはあまり良いことでは無いです。

会社によって求められているものは異なるため、
しっかりとそれに応じたアピールをする必要があります。

適切なアピールができれば、
面接官に与えることができる印象はかなり良くなるはずです。

2つ目が、長期的にその会社で働いてくれるかどうかということです。

いくら戦力となってもすぐに辞められてしまっては、
会社にとってリスクとなります。

そのため、なぜそれまでの工場や職場を辞めてしまったのか、
といった理由
を尋ねられることがほとんどです。

転職理由はどうしてもネガティブなものになりやすいものですが、
あくまでもポジティブな回答の方が好まれます。

転職先の方が自分の理想が実現できそうなど、
前向きな回答をするのがいいでしょう。

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す