こうすれば自動車保険は安くなる!?満足度ランキング!


見直すことでかなりの節約になることがあるものといったら
一番は保険ですね!

そこまで考えずに契約した保険で、
なんとなくそのままの状態で更新をし続けているという人は
多いのではないでしょうか。

または、あまり考えずにランキング上位の保険を
選んだという人もいるかもしれないです。

自動車保険の場合、保険自体は掛け捨てですので、
できれば保険料を安く抑えたいものですね。

もちろん安ければいいというわけではありませんので、
補償内容との兼ね合いもよく考える必要があります。

今日は自動車保険を安くする方法、
おすすめの自動車保険ランキングについてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

こうすれば自動車保険は安くなる

自動車保険の契約は代理店を通すよりも、
直接契約をした方が安くなる傾向にあります。

代理店を通して契約しますと、
その分の手数料がかかってしまうため割高になってしまいます。

そのため、現在代理店型の自動車保険に加入している方は、
直接契約するダイレクト型自動車保険と保険料を比較してみますと、
その違いが分かると思います。

同じ補償内容で値段が違うのでしたら
やはり、安い方がいいですよね。

さらに保険料を安くするためには、補償内容の変更が必要になってきます。

保険料の値段を左右する要素には年齢や等級があるのですが、
これはすぐに変えられるものではありません。

すぐに変更できて保険料を安くすることを考えるのでしたら、
運転者を限定するという方法があります。

保険の対象が増えれば増えるほど保険料は高くなりますので、
限定なしにした場合と本人限定にした場合では、
値段に大きな差が出てきます。

基本的に自分の車は自分しか運転しないという人は、
本人限定に変更することで保険料が安くなることがあるんです。

自動車保険を安くする方法はいろいろとありますので、
自分に合ったものを選択していってくださいね。

■スポンサードリンク■

保険料が安い自動車保険とは

自動車保険を選ぶ際には色々な決め方がありますが、
やはり重要になるのは保険料ですよね。

保険料が安くて、補償が充実していれば嬉しい限りです。

簡単に保険料が安い自動車保険を見つけるには、
ランキングを見てみるのが1番手っ取り早い方法です。

保険料満足度ランキングの上位は、どのような保険なのでしょう。

2014年の保険料満足度ランキングを見てみると、
1位は「SBI損害保険」です。

口コミでの評判を見てみると、保険料がダントツで安いながら
補償内容が他社とは変わらないというのが人気の理由ですね!

また、保険に入る際の手続きが非常に簡単なところもポイントが高いです。
補償のカスタマイズもできますので、自分に合った補償内容が選べます。

2位に選ばれたのは、「セゾン自動車火災保険」です。

セゾン自動車火災保険は、年齢層が高いほど厚い支持を得ているようです。

免許をとったばかりの子供を補償対象にしても、
そこまで保険料が上がらないというのが人気のポイントですね!

3位に選ばれたのは、「アクサ損害保険」です。

保険料の安さはもちろんなのですが、
ロードサービスなどの補償が充実しているのが人気の理由です。

また、見積もりがシンプルで分かりやすいですね。

保険料はさまざまな条件によって変わるのいですが、
ゴールド免許だとかなり安くなるというのがアクサ損害保険の特徴です。

保険料が安いと、補償内容が不安と思う人もいるかもしれないです。

しかし、ランキング上位の保険を見ても、
補償内容がしっかりしていることがよく分かると思います。

あらためて見積もりをしてみることで、
補償内容が変わらないまま自動車保険が安くなるかもしれないですね。

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す