睡眠薬の副作用、メリットデメリットって?


「夜眠りたいのにどうしても眠れない!」
「眠ったとしても早く起きてしまう!」と言う様に
不眠症で悩んでいる方は大勢います。

理由は様々有ると思いますが、不眠症を治したいと考えて病院に行き、
睡眠薬を処方してもらおうと考える方も多いと思うのです。

睡眠薬自体はドラッグストアで売っている物ではなくて、
きちんと病院で処方して貰う物なので一応安全だとは思います。

一応と言っても必ずしも危険な物とは限りませんし、
昔と比較しても安全性も効果もかなり向上していると思いますので、
昔よりは安心して服用していただけると思います。

しかし眠れないからと言って毎日毎日睡眠薬を服用しても良いのかと言うと、
そんな事は有りませんので服用の際には注意が必要になってきます。

スポンサードリンク

睡眠薬を服用すると言う事について

一番気を付けたいのは副作用です!

何の薬でもそうだと思いますが、
薬には副作用がつきものと思っていただかなくてはいけません。

睡眠薬を飲むと眠気が襲ってくると言う事は
分かっているかと思いますが、

睡眠薬には脳の中枢神経に働きかけて
睡眠を強引に引き出すと言う働きを持っております。

つまり無理やり薬で
脳を眠らせてしまおうと言う物になるのです。

こう書いてしまうと「睡眠薬は危険だ」「服用してはダメだ」
言う事になってしまうと思うのですが、

容量用法をきちんと守る事で快適な睡眠を得る事が出来る様になり、
結果的に不眠症が治ると言う事にも繋がってくる様になるのです。

安心して睡眠薬を摂取出来る様に、どの様な副作用が有るのか、
睡眠薬にはどんなメリットやデメリットが有るのかということを
きちんと把握した上で使用する様にしましょう。

睡眠薬の服用に関するメリット

「眠れない」と言うのはとても辛い事だと思います。

しかし眠れないからと言って安易に
睡眠薬を服用すれば良いと思ってはいけないです。

睡眠薬は薬ですので、効果だけではなく副作用ももちろんありますので、
副作用などのデメリットの事もきちんと把握しておかなくてはいけません。

そこでここでは睡眠薬を服用する事に対する
メリットについて挙げてみたいと思います。

睡眠薬を服用して得られる最大のメリットはやはり
「眠れる」と言う事に尽きると思います。

眠れないと言うストレスから解放される為、イライラが解消され、
情緒不安定の状態も一時的ではありますが解消される事になるという
メリットが挙げられます。

近年処方されている代表的な睡眠薬の効果として、
ドーパミンやアドレナリン、セロトニンと言う様に
神経機能が高ぶる様な状態を抑える事が出来ると言われています。

この事により不安感を抑えたり、情緒不安定を抑えたり、
幻覚や妄想が起こりにくくなる様になると言われています。

ですから睡眠薬を服用する事で自然と眠れる様に導いてくれるんです。

この様に一番のメリットは「眠れる様になる」と言う事、
次に様々な精神的な不調状態が解消されると言う事が挙げられます。

こうした効果を求めて眠れなくなると直ぐに
睡眠薬を服用しようと思う人も多いと思うのですが、

ここで挙げたメリットだけではなく、
副作用等のデメリット等もきちんと把握した上で、
医師の言う事をきちんと守った上で服用する様にしましょう。

■スポンサードリンク■

睡眠薬の服用に関するデメリット

何の薬に関してもそうですが、
睡眠薬についても副作用等のデメリットが有ります。

どの様なデメリットが有るか挙げてみたいと思いますので、
服用する際にはきちんと把握した上で服用する様にしましょう。

先ずは「服用を続ける事で依存性が出てくる」と言う事が挙げられます。

睡眠薬を服用すると、眠れると言う効果を得ると、
少し眠れないだけでも睡眠薬を服用したく
なってしまうようになりますので、

結果的に睡眠薬が無くては眠れないと言う状況
陥ってしまうかもしれないと言うデメリットが有ります。

もしも睡眠薬を服用する事へ依存する様になってしまった場合、
服用を止めようと思っても急には止められなくなってしまう様に
なってしまいますので気を付けなくてはいけないです。

次に睡眠薬を服用する事で倦怠感
脱力感と言う様な副作用が生じる事が有ります。

これらの副作用が抜けない程、睡眠薬を服用してしまう事で、
不眠症の症状となっている情緒不安定などの
精神的な不安定が増してしまうと言うデメリットが有ります。

また睡眠薬を服用する事で体内に多少なりとも負担をかける事になってしまい、
服用し続ける事で肝臓等にダメージが相当加わる事になってしまいます。

この他にも睡眠薬の服用で出てくるデメリットはたくさん有るのですが、
基本的には服用し続ける事で体へかかるダメージはかなり大きくなります。

また服用し続ける事で睡眠薬の最大のメリットである
眠れると言う効果が得にくくなってしまいます。

こうしたデメリットもしっかりと把握した上で服用する様にしましょう。

不眠

睡眠薬の副作用について

どんな副作用が睡眠薬に有るのかはご存知でしょうか。

どんな薬にも多かれ少なかれ副作用と言う物は存在します。

そこで睡眠薬服用時に考えられる副作用について
挙げてみたいと思いますので把握しておくと良いでしょう。

先ずは「翌日まで眠気が襲う」と言う副作用が有ります。

睡眠薬で眠れたとしても効果が強すぎてしまい、
翌日起きても眠気が覚めていないケースが有ります。

この場合、集中力や注意力が低下してしまって
ボーっとしてしまう可能性が有りますし、

体がだるくて倦怠感や疲労感に襲われてしまう場合が有りますので、
睡眠薬を服用した翌日に車の運転をする必要がある場合には
注意が必要です。

次に「筋肉が弛緩してしまう」と言う副作用が有ります。

睡眠薬には体の緊張を解きほぐしてくれる効果が有ります。

これによって眠れる様になるんですが、翌日までその効果が持続した場合、
つい緊張感が緩んでしまうと転倒してしまったり骨折してしまったりと
思わぬケガが起きてしまう事になりますので注意が必要になります。

次に「記憶が曖昧になる」と言う副作用が有ります。

睡眠薬の種類にもよるんですが、睡眠薬と一緒にお酒を飲んだ場合、
記憶が曖昧になってしまう場合が有るそうです。
お酒と一緒に睡眠薬を服用するのは止めたほうがいいでしょう。

この他にも様々な副作用が睡眠薬には有りますが、
医師の正しい指導を受けて、正しいタイミングと量を服用する事で、

こうした副作用を極力抑える事が可能ですので、
自己判断で睡眠薬を服用しない様にする事が大切なのです。

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す