認知症とは?どうやって予防するの?


認知症と言う言葉を知らない人はほぼいないでしょうが、
具体的にどのような原因で認知症が発症して、
どのような症状になるのは知らない人が多いようです。

誰でも健康で長生きをしたいと思っていますが、
適切な予防をしなければ知らないうちに認知症になってしまうものです。

今日は認知症についてと、
その予防方法についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

認知症とは

認知症は脳の病気です。

健康な脳に対して、
その細胞が委縮する病気をアルツハイマー病と言うのですが、
典型低名認知症になります。

また、血管が詰まることにより、脳細胞の一部が死んでしまい、
認知症になるケースも存在します。

重要なのは何歳ぐらいから認知症になるかと言うことでしょう。

高齢になって認知症を発症すると思っている人が多いんですが、
若年性認知症がクローズアップされるようになってきました。

若くても認知症になってしまうんです。
日頃からしっかりと予防を考えておくことが大切ですね。

脳の細胞が死んでしまうのを抑えることが一番確実なんですが、
容易なことではないです。

ただ、認知症の傾向が出てきた時に治療を受けることで、
その進行を抑えることは現代の医学でも十分に可能です。

他の病気と同じで、早期発見が重要となるんです。

認知症の初期の診断は非常に難しいので、
専門病院での受診が必要となります。

高度な検査機器を使用しなければいけません。

軽症であれば、日常生活で不自由しない程度の
症状で済む場合が多くなってきました。

これまでの認知症に対する考え方を改める時代になってきたんです。

■スポンサードリンク■

認知症の予防

高齢者の病気として知られている認知症になってしまうと、
完全に元の状態に戻ることは無いです。

現代の医学の限界なのです。

したがって、認知症になってからの対応を考えるよりも
予防を積極的に行うことがとっても大切です。

基本的にはアンチエイジングが認知症の予防となります。
つまり、老化を抑えることです。

もちろん、美容的な面ではなく、
体全体の老化を抑える取り組みですね。

例えば、適度な運動、脳のトレーニング、
規則正しい食生活、
よく噛んで食べることなど色々な事ができます。

 

得に難しいことをする必要は無いです。
日頃からやっていることの延長線でいいんですね。

これまで運動不足だった人が
いきなり運動を始めるのはハードルが高すぎると思います。

そこでおすすめなのが食事です。
メニューや栄養バランスを考えることも大切ですが、
それは誰かに依頼しなければいけないです。

自分だけできる予防法とはよく咀嚼することです。

よく噛むことで満腹感が出てきます。
そうすると、自然と摂取カロリーが
制限されることにつながるのです。

もちろん、栄養を効率よく吸収することにもなり、
脳の働きを大きく活性化させて、
生きるための活力が出てくると言われております。

口を動かすことで脳への血流が増加することは
臨床的に証明されています。

認知症は脳の働きが弱くなってしまった状態ですので、
脳に血液を送ることで認知症の予防になるんです。

同時に消化器官への負担を抑制する効果もあります。

子どもの時から「よく噛んで食べましょう!」
言われたかもしれないですが、

それは、年を取ったら余計に守らなければいけませんね。

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す