アイスバーンに注意!適切な運転方法は?


あったかい日が続いていたと思いましたが、
最近急に寒くなりましたね!

雪が降っている地域も多いと思います。
そんな時に気を付けないといけないのが
アイスバーンです。

今日はアイスバーンについてお伝えしたいと思います!

スポンサードリンク

アイスバーンとは

アイスバーンとは路面が凍結した状態
雪面が固く凍結した状態の事をさします。

つまりとても滑りやすい状態という事ですね。
当然事故も多くなりますし
大変危険なんです。

a1180_003556

僕の知り合いで事故している方も
けっこういます。

いつもと同じ感覚で運転していると
危険なんですね。

より一層運転に気を付けないといけないです。

アイスバーン時の運転で気を付ける事

一番大事なのは、いつもより滑ると
肝に銘じて運転する
ことです。

絶対に気を抜かないようにしましょう!

後は、グリップさせること。
アイスバーン時はすべりやすいですが、
グリップはできます。

ブレーキはゆっくりとジワーッと踏んでください。
アスファルト路面みたいにブレーキは効かないです!

ABSが利いたら、1度ブレーキから足を離して
再度踏みなおします。

そのまま踏んでいるとどんどんすべってしまいますので
注意してください。

ポッピングブレーキも効果的ですね。
その際もゆっくりジワーッと踏んでください。

急ハンドルは効かないので、急な操作を行うときは
車体の挙動を安定するようにしましょう!

急な操作が多くなってしまう雪道では
いかに安全に済ませられるかの技術が必要ですね。

■スポンサードリンク■

アイスバーン時の下り坂

下り坂ではあまり低いギアは使わないほうがいいです。

降りる前は追突される心配がないか確認してから走りましょう。
前の車が降りきってから走るのがベストです。

出来る限り速度を落として、フッドブレーキで
速度を調節しながら走りましょう!

対向車にも気を付けてくださいね。

それでも危険はつきものです!もし心配なら、

アイスバーン時は出来るだけ坂道は避けるか
四輪又は駆動輪に、チェーンを装着して使って走りましょう!

基本的に雪国ではスタッドレスタイヤが使われています。

よく使われているタイヤは
ブリヂストンのブリザック(BLIZZAK)ですね。

北海道や東北では約50%ほどの方が使っています。

しかしいくらスタッドレスタイヤを使っていても、
滑るときは滑りますので、

アイスバーン時の運転には十分に気を付けてくださいね。

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す