ウォークマンの情報とその歴史について


ウォークマンは技術の進歩とともに
機能アップしてきました!

1970年代の初期バージョンから見ると
格段にコンパクトになり、音質、機能ともに充実しております!

もちろん、それはウォークマンに限ったことではないです。

これから購入すべきウォークマンの情報を集めましょう!

スポンサードリンク

ウォークマンの情報

ウォークマンにはいくつかのシリーズがあり、
どれを選ぶかであなたとウォークマンのつながりが決まります。

最近はスマホを持っている人が非常に多くなってきましたので、
スマホとウォークマンの接続も重要視されるようになりました。

ただ、音質を求めるならスマホでは不十分です。
どうしてもウォークマンが必要になるんです。

また、充電池で何時間持つかと言うことも重要でしょう。
バッテリー切れで再生できないことは非常に残念ですからね。

現在販売されているウォークマンはE、S、F、ZX1シリーズです。
前者から順番に高品質高価格になります。

どれがいいかは悩んでしまうところでしょう。

もちろん、購入したウォークマンはいずれ壊れてしまいます。
その時に最新シリーズを購入すると言う考え方も悪くはないです。

また、ウォークマンの付属品であるイヤホンも重要です。

ソニーが提供しているイヤホンは上質なのですが、
取り扱いを丁寧にしなければすぐに破損してしまいます。

高音質を求めるならヘッドホンですし、
部屋で聞くなら外部スピーカでしょう。

純正のアクセサリー類は全般に価格が高くなっていますが、
自分のこだわりのためなら仕方ないでしょう。

■スポンサードリンク■

ウォークマンの歴史

ウォークマンの歴史はそのまま
日本のポータブルオーディオの歴史になります。

1979年に初代のウォークマンが登場してから、
30年以上が経ちます。

その間にウォークマンは形を変えながらも、
ブランドと国内市場トップを維持してきました。

音楽にこだわったソニーだからこそできたのでしょう。

当初のウォークマンはカセットプレーヤーです。
しかし、発売当初のウォークマンは全く売れませんでした。

当時の日本人にとって、カセットプレーヤーを携帯する状況が
わからなかったのかもしれません。

しかし、地道な宣伝活動を行って、
少しずつ知名度を上げていったのです。

そして1982年にウォークマンの2号機が登場しました!

この時の斬新なデザインが多くの若者に人気となりました。

このころからウォークマンのコンセプトとして
音質重視が顕著になっています。

1984年位は初めてノイズリダクションシステムを採用しています。

音質にこだわっていくことがソニーの姿勢となったのです!

そして時代はカセットからCD、MDへと変化していきます。
ウォークマンはそれぞれの媒体に対応した機種を販売しております。

カセットプレーヤーとしてのウォークマンは
2010年まで販売されておりました。

世界中での販売総数は実に2億台を越えています!

格段にコンパクトになったウォークマンを
現代の若者は当たり前のように使っております。

彼らにはカセットプレーヤーのイメージさえ
湧かないのかもしれません。

もちろん、それは技術の進歩ですから当然のことですね。

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す