ウォークマン売上ランキング!各商品のメリットは?


ウォークマンは日本で一番売れています
ポータブルオーディオプレーヤーです!

名前を聞いたことがない人はまずいないと思います。

ウォークマンにはいくつかのシリーズがあります。
売上ランキングを見てみましょう!

スポンサードリンク

ウォークマンの売上ランキング

上位の方が売れ筋ですが、どれを購入するかは
自分がどのような使い方をするかによって変わってきます。

さて、第1位はS780シリーズの32GBです。

音質重視のSシリーズで、長時間駆動ですので、
使い勝手は非常にいいです。

音楽を聴くだけではなく
歌詞を見ながら楽しむことも可能です。

アーティストの想いを感じるのです。

それから同じSシリーズのS784です。

メモリー容量によって価格が異なりますから、
予算に合わせて選んでいるのでしょう。

たくさんの音楽をいつも入れておく必要はないと
考えている人は8GBでも十分ですね。

パソコンと接続して、
聞きたい音楽をダウンロードすればいいからです。

それからウォークマンAシリーズも上位にランキングされています。

Aシリーズはすでに製造中止となっているのですが、
まだまだ市場にはたくさん流通しています。

ウォークマンのシリーズの流れは、
だんだんと高機能、高音質に向かっています。
その傾向はこれからも変わらないでしょう。

これからウォークマンを購入したいと考えている人は、
一つ先のウォークマンを購入してはどうでしょうか。

最新型は価格的に高くなってしまうのですが、
長く使い続けることができます。

音楽を気軽に楽しみたい人にはEシリーズです。
容量は一番少ないですが、それでも十分でしょう。

ウォークマンのメリット

ウォークマンの対抗機種としてiPodを上げることが多いのですが、
ウォークマンのメリットとデメリットを考えてみましょう。

まず、あなたが何を期待しているかと言うことです。

高くてもいいから音質にこだわりたいと思っているのでしたら
ウォークマン以外にはないです。

しかし、そこそこの音質でいいから
ポピュラーな機種とすれば断然iPodです。

誰かにおすすめを聞く人も多いのですが、
それは使い方次第でしょう。

メモリーの容量が少なければ、それだけ曲数が少なくなりますが、
一度にたくさんの音楽を入れておく必要はありません。

自宅にパソコンを持っているなら、そこに蓄えておけばいいのです。
その日に聴きたい音楽と入れ替えましょう。

パソコン側のアプリの使い勝手も個人的な好みがあります。
ウォークマンの一番のメリットは再生時間でしょうか。

最新の機種であれば77時間も再生できるのです。
その上、スマホを充電する機能まで付いています。
外部バッテリーとして使用できるんですね。

これはウォークマンの機能を越えています。

本体が小さくなってきましたから、
爪を伸ばしている女性には使いにくいと言うことが
欠点のように言われることがあります。

しかし、それは爪を伸ばす人が悪いだけです。
メリット、デメリットは使い方によって変わってくるのです。

価格だけを見ると、ウォークマンの方が高いのは事実です。
ただ、コンセプトの違いがあります。

ウォークマンには長い、長い歴史があります。
このことだけでソニーを選んでいる人も少なくないと思います。

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す