扇風機の子供の安全対策について


扇風機は大人からすればスイッチ一つで
涼しい風が送られてくるかなり手軽な家電製品です。

しかし子供からするとかなり危険な道具です!

今日は扇風機の安全対策についてお伝えしていきたいと
思います。

スポンサードリンク

扇風機の安全対策

子供はよく興味津々で扇風機に顔を近づけていき、
声色を変えて遊んでみたり、
必要以上に近づいてみたりして風を浴びようとします。

扇風機には子供の指なら余裕で入るほどの隙間
たくさんあいております。

そして内側では、扇風機の羽根が高速回転して風を送っています。
そこへ指を入れたら指を切断する危険性があるんですね。

また指を入れなかったとしても、
子供の髪の毛が扇風機の隙間から羽根に吸い寄せられて絡まってしまい、
大事故になる危険性もあるんです。

こうした事故を起こさないためにも、子供には扇風機に近づきすぎないこと、
決して顔や手を近づけないことなどを色々と教える必要があります。

そして大人も扇風機の安全対策をしっかり行う必要があるんです。

手軽にできる安全対策グッズとして、初めに、
「扇風機カバー」があります。

100均などでも良く売られているグッズですね。

扇風機を細かいネットで包むだけですので、簡単に装着できて、
扇風機の隙間も小さくすることができます。

もっと小さい赤ちゃんがいる家庭では、
「メッシュガードの扇風機」を買うのがおすすめですね。

その他にも、手を触れたら自動的に停止する機能の付いた扇風機や、
羽根がない扇風機なども現在発売されています。

一般的な扇風機よりもお値段はけっこう高くなるため、
安く済ませようと思ったら、
普通の扇風機に扇風機カバーを用意するのが一番安いと思います。

多少値段が高くなってもいいと言う場合には、
安全対策の施された扇風機を購入するのがいいでしょう。

メッシュガード

一般的な扇風機のようにガード部分が放射線状になっているのではなく、
細かい網目のようになっている扇風機が発売されています。

扇風機カバーを最初からかぶせたようなデザインになっているんですね。

そのため子供がもしも扇風機に触ってしまったとしても指が入らないので、
安全な扇風機としてとても人気があります。

メッシュガードタイプでは、普通のガードの扇風機よりも、
指が入らなくて安全というメリットを持っているんですが、
風の抵抗が大きくなるというデメリットも持っています。

さらに小さな子供がいる家庭では
扇風機を子供が倒してしまう危険性も心配ですね。

そんなときには、クリップタイプの扇風機がとってもおすすめです。

クリップ式になっているため、どこにでも付けられて、
子供の手が届かない高さに付けることが可能です。

部屋を移動して使うのも簡単にできますね。

メッシュガードなので、もしも子供が触ったとしても安全ですね。
クリップ式では、机の天板などへ挟むことが可能です。

木ねじを使って壁掛けにして使うこともできます。

各メーカーからメッシュガードタイプの扇風機が発売されております。
「YAMAZEN」、「TEKNOS」、「ユアサ」、「ゼピール」

ハローキティのかわいい扇風機で
メッシュガードになっているタイプも非常に人気があります。

扇風機を発売している大手メーカーには、
「東芝」、「シャープ」、「パナソニック」、「日立」などもありますが、
これらのメーカーではメッシュガードタイプは発売されていないようです。

これらのメーカーは羽根のないタイプの扇風機のほうに
力を入れているようですね。

■スポンサードリンク■

タッチセンサー

扇風機の安全機能として、
「タッチセンサー」があります。

子供が扇風機のボタンを押して誤って操作してしまったり、
扇風機にぶつかって倒しそうになってしまったりすることが
もしかすると、あると思います。

子供がいる部屋に扇風機を置いておくことを
不安に思う人も多いと思います。

そんなときには、
このタッチセンサー機能のついた扇風機がかなりおすすめです!

ガードに触れたらセンサーが働いて
扇風機が停止するようになっております。

特につかまり立ちをするような赤ちゃんがいる家庭におすすめですね。

ただし、タッチセンサーは扇風機が急停止するわけではなくて、
スイッチがオフになった状態と同じになるため、
すぐに羽根が止まるわけではないです。

タッチセンサー機能がついていれば
それだけで安全ということではないですから、
扇風機カバーなどその他の安全策と共に行うのがいいと思います。

「トヨトミ」の扇風機では、ガードに少し触れただけのときは5秒後に再運転して、
10秒以上触れたら停止するようになっております。

タッチセンサーのメリットは子供がいても安全に使うことができる事、

デメリットは扇風機の角度、
向きを変えたいときに首に触れると止まってしまうため、
その都度電源をOFFにしないと角度調整などができないことです。

「人感センサー」が付いた扇風機もあります。
部屋の中に人がいるかどうかを自動的に感知して
扇風機の電源を自動的にON、OFFしてくれます。

部屋から人がいなくなれば自動的にOFFになるので、
消し忘れても安心ですね。

こまめに電気をカットできるため、
省エネになり電気代を節約することが可能です。

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す