バーベキューと肉について!


バーベキューは元々欧米の食文化ですね。

日本で一般的なバーベキューは欧米人のバーベキューと
全然違うことを理解しておきましょう。

もちろん、使用する道具はほとんど変わらないんですが、
肉に対する考え方が違います。

今日はバーベキューの肉について、
お伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

バーベキューと肉について

欧米では準備として塊の肉に下ごしらえをして、
それを炭火で焼くというスタイルです。
時間をかけてじっくりと焼きます。

焼き終わってからみんなで食事を始めるんです。

日本の場合は、焼きながら食べていますよね。
肉は薄く切っているため、
すぐに焦げてしまうからです。

どんどん忙しく食べるのが日本のバーベキューなんです。
それが悪いわけではありません。

肉にこだわりを持たないので、
どんな安い肉でもおいしく食べることができます。

道具にこだわりを持っている人も中にはいますが、
どんな道具でも味はほとんど変わらないと思います。

肉の焼き方のこだわりを持っている人は
バーベキューに参加したがらないんです。

人が焼いた肉を食べるよりも、
自分の分だけしっかりと納得できる焼き方をしたいのでしょう。
準備に時間をかけるかどうかは人それぞれですね。

どのような調理方法がおいしいかも好みだからです。

ただ、バーベキューはみんなでワイワイとやることが
とっても楽しいんです。

屋外ですから、
多少大きな声を出してもあまり迷惑にはならないです。

キャンプ場で火を囲む時間は子どもたちも
とっても大喜びでしょう!

バーベキューの肉の量

「x人ぐらいでバーベキューするんですけど、
お肉の量はどれくらいいる?」

というのをよく相談されるのですが、
肉の量は、男性は300gで、女性は200gぐらいが、
ちょうど良いと思います。

もちろん他の食材がどのくらいあるのかにもよりますし、
たくさん食べる方が多くいる場合も当然ですが、量も変わってきます。

ですが平均的には男性は300gで、女性は200gでいいですね。

子供は中学生以上なら大人と同じ、
小学生なら女性と同じ量くらいで大丈夫です。

もし心配でしたら多めに肉を持っていくくらいでも
いいと思います。

余ったら、しっかりとクーラーボックスに入れて持って帰り、
早めに食べましょう。

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す