贈与税対策!節税するにはどうしたらいいの?


贈与税というのは自分の財産を子供などに
贈与した時に発生する税金の事です。

実はこの税金、仕組みを知っていると
課税額を少なくすることが出来るんです!

今日は贈与税について
お伝えしていきたいと思います!

スポンサードリンク

贈与税について

譲与税を支払うのは基本的に
高額所得者です。

なので、一般庶民には関係ないと
思うかもしれないですが、
実はそうでもありません。

贈与税というのは土地や建物だけではなく、
金銭や装飾品、骨董品までにもかかってくるんです!

 

その他、商店の権利なども
譲与税の対象となってしまいます。

なので、対策をしていないと思わぬ高額の
税金
を支払わなければならないこともあります!

えっ!?

贈与税というのは両親が生きている時に
財産分与をする時に発生します。

しかし、親が逝去してからの財産分与でも
相続税として同じように課税されてしまいます!

ですので相続税と贈与税をトータルで考えて
対策を考えていくのがいいでしょう!

見落としやすいケース

次は贈与税の対象となる財産で、見落としやすい
ケースについてお話していきたいと思います。

まずは、両親からの財産を市場の価格より
極端に安い金額で購入した場合は贈与とみなされるんです!

例えると、1000万円の土地を100万円で
購入したというケースですね。

それから、親から多額の借金をして、それを返済しない場合も
贈与になってしまいます。

返すあてがあったらいいわけができるのですが、
その能力がなかったら、立派な贈与になってしまいます!

生命保険も同様ですね、
満期保険金の受け取りを自分の子どもに設定していると
贈与になります。

土地を売らないで、名義変更するのも贈与になってしまいます。

つまり、明らかに遺族から金銭的価値のあるものを
もらった場合は譲与税がかかってしまうと考えるべきでしょう。

■スポンサードリンク■

贈与税対策

贈与税には基礎控除というものがあり、
年間110万円までの贈与ですと、
贈与税の対象になりません。

ということは、両親が元気なうちに
少しずつ財産を子供に分け与えれば、
贈与税の対象にはならないんです!

 

これが贈与税の基本的な対策ですね。

家計のやりくり

住宅の譲与税

家を建てる際は多額の金額がかかってしまう為、
家族の援助を受ける方も多いでしょう。

その場合贈与税がかかってしまいます。

しかし、全ての譲与に対して課税されるのか?
というとそうでもなく、
非課税となる範囲もあります。

まず、贈与税対象となる案件と
住宅取得は区別して考えましょう。

税制については同じなんですが、
住宅取得する際は特例があるんです。

これは非課税となる範囲が広くなっていますので、
実質的な減税処置になるんですね!

これは年度ごとに違います。

もし、自分が家をたてようと考えるなら、
どれだけの贈与税になるのか計算してみましょう!

‰Æ‘°3

おおまかにいうと2000万円以上の譲与の
場合に贈与税が発生します

でも自分の家を建てる為に
親から2000万円を借りられる家庭は
そうそういない
と思います。

つまり大半の方は非課税になります。

まとめ

贈与税などの税金に関する情報は
国税庁のホームページを見ればわかります!

しかし税金の素人には非常に分かりづらいので、

税理士事務所のホームページなどを見たほうが
分かりやすいと思います。

贈与税対策をするなら正しい情報を得ることが
最も大切でしょう。

日常の中で税金について考えることは少ないかも
しれませんが、子供の将来の為にも
1年に1回は考えてみてください!

贈与税や相続税のしくみは
毎年のように変わっています。

正しい情報を入手するというのは
忘れないようにしてくださいね!

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す