ホワイトデーの始まりは?お返しの意味は?


皆さんはバレンタインデーに
チョコレートは貰いましたでしょうか?

もし、義理チョコでも本命チョコでも
貰ったのであればお返しはしたほうがいいですね。

今日はホワイトデーについてとそのお返しの意味について
お伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

ホワイトデーとは?

ホワイトデーとは一般的にバレンタインデーに
チョコレート等を貰った男性がそのお返しとして、

キャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレート等の
プレゼントを女性へ贈る日とされております。

日付は3月14日
バレンタインデーの一か月後ですね。

a0002_007806

この習慣は日本で生まれたもので、
欧米などでは行われていません。

ホワイトデーの歴史

日本でバレンタインデーが定着しだした昭和後半ごろに
菓子業界が「それにお返しをする日を作ったらどうだ?」
っという提案をしました。

 

そして各菓子業界がバレンタインデーのお返しとして、
ビスケットやマシュマロ、キャンディ等を
「お返しの贈り物」として宣伝販売するようになったんです。

もっとも最初に始めたといわれているのは、
銘菓「鶴乃子」などで知られている福岡市の
老舗菓子屋「石村萬盛堂」。

1978年の3月14日のこの日にバレンタインデーのお返しとして、

「君からもらったチョコレートを僕の優しさ
(マシュマロ)で包んでお返しするよ」

というキャッチフレーズでチョコマシュマロを
「マシュマロデー」として売り出しました。

その後にクッキーやキャンディーなどを売り出す
菓子店が急増し、全国に広まったといわれています。

 

ホワイトデーという名前が付けられたのは1973年。
エイワと不二家が協力して

ホワイトには「幸運を呼ぶ」「縁起がいい」という意味がある
っということで、バレンタインデーの1か月後をホワイトデーにしよう!

っと発表したこでホワイトデーと呼ばれるようになりました。

 

ホワイトデーなんてお菓子業界が決めた事だから俺には関係ないやいって
思うかもしれませんが、

円満な人間関係を築くためにも
ホワイトデーにはきちんとお返しをしましょう

■スポンサードリンク■

お返しの意味

そこで多くの男性を悩ませるのが、
バレンタインのお返しです。

定番なのはキャンディー、マシュマロ、クッキーですね。

実はこのお返し、それぞれに意味があるんです。

マシュマロ

518e1daa4e8af2d1ab0525daf87d4e1b_s

一番定番のお菓子だと思っていたのですが、
実は「あなたが嫌い」っていう意味があります。

これを知った時は「エッ!?」って思いました。
ホワイトデーくらいしか買う機会がないマシュマロなのに
これはあんまりではないでしょうか。

クッキー

8afa1312d90227ea1772b68f5e8dc70b_s

クッキーはいろんな種類があり、
バリエーションも豊富です。

クッキーには「友達」っていう意味があります。
誰にあげても悪い気はされないでしょう。

お返しの中では最も人気なお菓子です。

キャンディー

94dc555e956bb0d02725ce251174bb43_s

お返しの中ではあまり選ばれることの少ない
キャンディーには「あなたが好き」っていう意味があります。

もし相手が本命なら、プレゼントしてこっそり
気持ちを伝えてみるのもいいかもしれません。

 

こんなの知らない人が多いんじゃないか?
って思うかもしれませんが、

案外知っている方もけっこういます。

なので無難なお返しはクッキーがいいと思います。

職場や取引先などでは
ドーナッツやシュークリームといった違うお菓子
がオススメですね。

「お疲れ様です!」っと言ってさりげなく
渡すのがベストかもしれません。

参考にしていただければ幸いです。

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す