ウォークマンとは?おすすめも紹介!


ウォークマンを知らない人はいないかもしれないですが、
現代の若い世代にとってはiPodと比較する人が多いのではないでしょうか。

今日はウォークマンについてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

ウォークマンとは?

ウォークマンとはソニーが販売しております
携帯型のプレーヤーです。

1979年当時はカセットテープが主流でした。

どこでも音楽が聴けることから、
若者を中心に大流行しました。

もちろん、携帯電話など誰も持っていない時代でした。

屋外でカセットプレーヤーを鞄に入れて
持ち運びできる画期的な商品だったんです。

時代が進むにつれて録音媒体はカセットからMD、
メモリースティックなどへ変わっていきましたが、
基本的なコンセプトは変わっていないです。

iPodが登場したことによって
ウォークマンの売れ行きが激減した時期もありましたが、
現代でもソニーの音楽シーンには必須のアイテムとなっています。

ソニーがウォークマンを設計した当時は、
ポータブルのための規格がありませんでした。

ウォークマンの登場によって、
新しく生まれた規格もたくさんあります。

例えば、ヘッドホンを接続する
ステレオミニプラグもその一つです。

標準プラグは大きすぎたため、
ウォークマンのために開発しました。

現在では他メーカーでも多くの機器の端子となっています。

また、充電池はガム型と呼ばれており、
ウォークマンだけではなく他社のポータブル機器でも採用されております。

その後もいろいろな機能アップを図りながら、
ウォークマンは進化してきました。

日本のポータブル機器の先頭を
ソニーが走ってきたことは間違いないですね!

ウォークマン

ウォークマンのおすすめ

ウォークマンは発売当初から
ポータブルでステレオが聴けるプレーヤーとして
多くの人の注目を集めてきました。

携帯電話やiPodが登場してから、
その独占状態はなくなってきたのですが、
それでも新しいコンセプトでウォークマンが販売されております。

今一番おすすめのウォークマンはハイレゾですね!
ハイレゾオーディオとは高音質のオーディオです。

CDの音質を越えていますから、
オリジナル音源により近づくことになります。

ソニーのキャッチコピーによれば、
「聴く」から「感じる」楽しみを味わえるとか。

これまでのウォークマンの上を行く音質なんですね。

もちろん、音にこだわりを持っている人は少なくありません。

これまでのウォークマンの音が良かったとしても、
やはり満足できない人も少なくありませんでした。

ただ、ハイレゾオーディオを楽しむためには、
音源がハイレゾに対応していなければなりません。
現在のところ、これは限られた音源だけです。

ソニーのウォークマン公式ミュージックストアでは
ハイレゾ音源を購入できる配信サービスを提供しております。

これまでの音楽との違いがわかるでしょうか。

アナログの時代から
オーディオにこだわりを持っている人はたくさんいました。

デジタルの時代になって音質が低下したのですが、
技術の流れですから諦めていた人も少なくないでしょう。

しかし、これからはまた音質を追求できる時代と
なってくるのかもしれないです。

もちろん、ハイレゾに対応するためには、
電子機器も高性能でなければなりません。

ハイレゾ対応のウォークマンを購入してみませんか?

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す