IT業界への転職のコツ


近年、IT系の会社は非常に人気があり、

就業者数が多い業種と言えば、SE、プログラマーでしょうか。

今日はIT業界への転職について
お伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

IT業界でも様々な業務がある

IT業界への転職を考えている方は、
専門分野について学ぶ必要がありますし、
それなりのスキルを持っていることも必要ですが、

IT業界と言っても、すべての人がシステムエンジニアやプログラマー
というわけでは無いです。

当然ながら、企業には、いくら小さな会社でも、経理などの事務職もありますし、
大きな会社になれば総務、人事、営業なども必要です。

ですから、IT業界への転職を考えているけど、
技術に自信がないという方には、
こうした事務系のお仕事も良いと思います。

プログラマーとは役目が違うのですが、
同じIT企業の仕事というわけです。

ITの知識があまりなくても、事務、営業、
経理などの一般職に就くことができますが、

システムエンジニアなどの専門業務の経験があれば、
より適切な業務を行なうことが出来るでしょう。

システムエンジニアとして働いた経験があり、
その経験を活かして営業部門に就いたり、
事務職に就いたりする方も中にはいます。

特に、営業の場合は、システムエンジニアなど、
現場のことをよく理解していますから、
より営業がしやすくなると思います。

現場を知らずにシステムを売る人と、
現場を知っていてシステムを売る人、
どちらの営業マンが信頼できるかと言えば、後者でしょうからね。

ですから、IT業界への転職ということでは、
他の業界からの転職もありますが、SEなどを経験した方が、
営業や事務職として転職するというケースも多いのです。

特に営業マンなどは、元SEとなれば、
会社としても重宝しますし貴重な存在となることでしょう。

また、ITトレーナーという職種も現在、かなり不足しておりますので、
転職先として考えるにはおすすめです。

■スポンサードリンク■

ITトレーナーとは

一般の方はあまり聞きなれない業種だと思いますが、
ITトレーナーとは、新しいシステムを導入してくれた会社に、
使い方を教えるというトレーナー業
です。

開発したエンジニアが教えられれば、一番、良いのでしょうが、
やはり、SEは開発がメインの仕事なので、

人にそれを教えるということは苦手な場合がほとんどです。

専門用語だけで話されても、一般企業の方にはわかりにくいですし、
新しいシステムについて、説明を上手に行なうトレーナー役も必要なんです。

トレーナー業と同じように、システムの不具合などを受けつけて、
電話などでサポートしたり、現場に駆けつけて教えたりする人材も
IT業界には必要です。

他の業務としても、説明書を作成する業務、マニュアル制作の業務など、
文章力が必要となる業務もIT業界にはあります。

ですから、自分が得意な分野を生かして
IT業界への転職を考えてもよいでしょうね。

ですが、これらのSEやプログラマー以外の職種については、
ITに対して全くの素人が行なうには無理があることでしょう。

IT系の現場で働いた経歴がないと、
これらの一般スタッフとしての就職はやはり難しいと思います。

IT業界への転職の傾向を見ても、SEなどとして現場で一度、働いてから
トレーナーや、サポート、ライターなどに移るという方が多いですね。

現場で働くなら若いうちに

IT業界の現場をご存知の方は痛いほど分かっていると思いますが、
勤務時間も長く、徹夜で作業を行なうことも多く、
体力的にとても大変な仕事が非常に多いです。

ですから、体力がある若いうちに現場で働いておいて、
そこから、別の業務に移るという、ステップを踏むことが理想的ですね。

年齢が上がっても現場で働いていては、
身体を壊す可能性があります。

現在プログラマーやSEとして現役で頑張っている方は、
こうした先のことを早めに考えておくとよいでしょう。

ですが、IT業界の求人として、SEやプログラマー以外の特殊な業務の場合、
一般の求人情報には乗らないケースも多いです。

業界内での紹介など、内部だけで決まってしまうからなんですね。

ですから、将来的に特殊な業務を希望する方は、
働きながら、情報収集をしておくといいです。

そして、一番大切なものは人脈ですから、
社内でもそうですが同業者の人脈もコツコツと作り上げておくと、

いざというときには助けてくれますし、
色んな情報が人づてで入るようになります。

他の仕事から、IT業界への転職を目指す方もいらっしゃいますし、
IT業界の中で、業務内容を変えて転職したいという方も中にはいらっしゃいます。

転職の際には情報収集も大切ですし、コネクションも大切ですので、
どちらが有利かと言うと、やはり、すでにIT業界で働いている方でしょう。

ですから、全く別の仕事から、IT業界への転職を考える方は、
将来的に営業を希望したり、トレーナーを希望したりする方でも、
とりあえず現場で修行してみてはいかがでしょうか。

現場での経験が次の転職に役立ちますし、
その会社の中でも別の業務に就くときに
現場を知っていることは大きな武器になります!

 

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す