進化するサービスエリアのグルメ!


最近では高速道路のサービスエリア
様々なグルメがヒットしていますよね。

ご当地の郷土料理だったり、地産地消の食材を使ったものだったり、
あるいはまったく新しい斬新なメニューだったり、
高速道路のサービスエリアでは、
現在、様々な美味しいグルメを楽しむことができます!

このような高速サービスエリアのグルメは、
通称「ミチナカグルメ」と呼ばれているんですね。

今日は新しいサービスエリアについて
お伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

進化するサービスエリア

10年ほど前に、日本道路公団分割民営化が行われて、
それを機会に、それぞれのサービスエリアや、
パーキングエリアが大きく変わってきました。

それまでは、グルメとは程遠い、
ドライブイン程度の食事しか期待できたなかったところも
多かったのではないでしょうか。

子どもの頃、遠くへ旅行に出て、高速道路に乗ったとしても、
途中の食事が楽しみだったという経験もありませんでしたから。

ですが、最近では、どこのサービスエリアでも、
名物が登場しておりますね!

がっつりと食事をしなくても、ちょっと買い食いしたり、
おやつを買ったり、甘いものを買ったりと、色々な楽しみが生まれてきました。

さらに、限定的販売されております人気商品もありますし、
人気のメニューともなると、
わざわざそのためだけに高速道路に乗る方もいるくらいです。

それぞれのサービスエリアは、創意工夫をして、
なんとかお客さんを呼び込もうとしておりますので、
これからもどんどん進化するでしょうね!

以前のサービスエリア

以前の、高速道路のサービスエリア、また、パーキングエリアと言ったら、
トイレ休憩に使う、または、ちょっとした買い物をするなど、
それくらいの利用価値しかなかったです。

以前の高速のサービスエリア、パーキングエリアは、
食べるものと言えば、イートインのラーメンや、うどん、そばなど、
素早く作れるメニューがとても多く、

決して不味くは無いですが、
グルメとは決して呼べないほどの味でした。

それに、オシャレなレストランもなく、人気のスイーツもなく、
食券を自販機で買って、
セルフサービスで食べるようなところばっかりだったです。

高速道路を通る人なら、だれしも、1回くらいは、
こうした休憩エリアに立ち寄るのですが、そこで、
美味しいものを求めるわけでも無かったです。

それに、お土産のランナップも地元の名物は置いてあるものの、
そこでしか購入できないような限定品というわけではなく、

「あえてサービスエリアで買わなくても?」
っていうものばかりでしたね。

ですから、昔のサービスエリアは、言って見れば、
旅の通過点という程度のものでしかなかったです。

■スポンサードリンク■

新しいサービスエリア

現在の高速道路は、
3つのNEXCO運営会社によって経営されています。

従来のやり方とは、まったく違った、新しいアプローチで、
数々のサービスエリアに非常に人気が集まってきました。

長距離を運転する方、また、旅行途中の方のために、
より美味しいものを、または珍しいグルメを、
独自のスタイルで展開をしているんです。

 

お弁当にしても、NEXCO中日本は、高級料亭と提携し、
高速道路オリジナル弁当「速弁」シリーズを出しましたよね。

これが、非常に大ヒットして、ますます、
サービスエリアグルメには追い風となっているんです。

サービスエリアを単なるおみやげ物屋ではなく、
ショッピングセンターとして経営する「ミチナカ」の新しいアプローチは、
多くの人を楽しませております!

東京湾アクアラインの「海ほたる」がその成功例で、
あの中では、グルメもさながら、色々なショップが出店していて、
見ているだけでも非常に楽しいサービスエリアです。

海ほたるでしか食べられないメニューや、
そこでしか売っていない貴重なお土産もあり、
アクアラインを通るほとんどの人が立ち寄っていることでしょう。

オリジナルキャラクターも登場して、イベントも行なわれ、
サービスエリアの代表的存在として、
海ほたるは常に話題を提供しておりますね。

これらは、地域活性化にも繋がっていて、
地元のビジネス力アップにも貢献していることでしょう。

2001年には、ショッピングモールのように作り変えられた
中央自動車道の談合坂サービスエリアに人気が集まりました。

2007年には、東名高速道路の海老名サービスエリアが整備され、
屋台村の「うまいもの横丁」が登場して、
人気のグルメで多くの観光客を呼ぶようになりました。

また、初めての商業施設、京葉道路の幕張パーキングエリア
「パサール幕張」も話題を呼んでおります。

このように、以前は単なる旅行時の通過点であったサービスエリア、
単なるトイレ休憩スポットでしかなかったサービスエリアが、

今では、ショップやグルメ、オンリーワン商品で、
そこへ人を呼ぶようになるまったく新しい時代に突入したんです!

こうなると、電車の旅よりも、自家用車で旅行をして、
高速のミチナカを楽しみながら
移動しようという方も非常に増えてくるでしょうね^^

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す