自動車保険加入していますか?安く済ませるには?乗り換えるならどこ?


皆さん車は運転していますか?

そして自動車保険には加入していますか?

車を運転していると、いつどんな事故を起こしてしまうか
分からないです。

そして、自分に過失が無くても、他人が起こした事故に
巻き込まれるかもしれないです!

今回は自動車保険について、
安く済ませる方法について
お伝えしていきたいと思います!

スポンサードリンク

自動車保険の必要性

もし自動車保険に加入していない状態で
事故を発生させてしまうと、
車の修理代などは自己負担になってしまいます。

自損事故で自分の車を修理するだけならいんですが、
人身事故で相手を怪我させてしまったり、
物損事故で、建物や相手の車に損害を与えてしまうと大変です!

 

そして、もし相手を死亡させてしまったり、
重い後遺症の残る怪我をさせてしまうと、

治療費や損害賠償などで、とてつもない金額
払わないといけなくなります!

その金額は数億という金額にまでなってしまうこともあり、
そんな金額一般人には払えるわけもありません。

事故2

こんなことはあってはいけないのですが、
もしもの時の為にしっかりと保険に入っておきましょう!

保険の種類

自動車保険には、車を購入した時に入らなければいけない
「自賠責保険」
自由に加入する「任意保険」があります。

任意保険とはいいますが、大抵の方は
加入していると思います。

なぜなら自賠責保険では、賠償金や、治療費なんかを
払いきることが出来ないからです。
だから任意保険に入らないといけないんですね。

 

任意保険には沢山の種類があり、
自分に合う保険を数ある中から選んでいきます。

自賠責保険はどこの保険会社も価格は同じですが、
任意保険はかなり価格違うんです。

ですので、いくつかの保険会社を選んで、
見積もりをしないといけないんですね!

悩む男性

最初適当に保険に加入してしまった方は
1度乗り換えを検討してみるのもいいでしょう。

自動車保険も昔とはいろいろと変わっていて、
乗り換えをすると、今加入しているものより
安くなるというのもよくあることです。

毎年自動更新で放置するということを
しないで、定期的に見直すのをオススメします!

任意保険の種類

自動車保険の乗り換えをしたいのであれば
自動車保険の内容についてよく理解しておいた方がいいですね。

任意保険は、保険の中身を個人で自由
選ぶことが出来るんです。

どの項目を選んで、保証金額をどのくらいつけるかによって
保険の金額は大きく違ってきます。

自動車保険を乗り換える際は、どれだけの補償が付いていて、
どのくらい安いのか、
複数の会社から見積もらないといけないです。

その時に内容を理解できていないと、
ただ金額が安いという理由だけで
保険会社を選んでしまうことになるでしょう。

 

失敗しない為にも、必要最低限な保険の知識
得ておいてくださいね。

“任意保険”→”損害賠償保険”交通事故を起こしてしまった時に
相手の人、車に対して支払われる保険。
「対人賠償保険」、「対物賠償保険」がある。
→”傷害保険”…自分、自分の車の同乗者に対して支払われる保険。
「搭乗者傷害保険」、「自損事故保険」、「無保険傷害保険」、「人身傷害保険」がある。
“車両保険”→自分の車に対して支払われる保険。

多くの保険会社は、この7種類の保険
組み合わせて販売しております。

この中でも特に入っておいた方がいい保険は
“対人賠償保険”“対物賠償保険”“搭乗者傷害保険”
または“人身傷害保険”です。

後は、個人的にこれが必要かな?
と思う特約を付けていくことになると思います。
 

自動車保険には等級というものがあり、
長年無事故だと、等級が上がっていき、
保険料の割引率が上がります。

もし、保険会社を変えても
今までの等級が引き継がれるので、
損をすることが無いんですよ。

乗り換える際は是非保険の内容を
見直してみてください^^

■スポンサードリンク■

保険料を安くするポイントは?

加入している保険を見直すのが
1番なんですが、

保険のカバー範囲も確認することが
大事です。

例えると車両保険ならカバーする範囲と
免責金額について上手く考えれたら、
自動車保険をかなり安くできるんです。

運転免許が“ゴールド”だったら“ゴールド割引”
利用するとこが出来ます!

ゴールドの人はあんまり事故を起こさないから
保険料を安くしてもいいかな?
ていう保険会社の考えですね。

しかし、このゴールド割引は全ての保険会社が
採用しているわけでは無いんです。

そのため、ゴールド免許がある人は
この割引がある保険会社にすると
安くできると思います!

エコカー

他にも車種、グレードによって
保険料にもかなり違いが出ます。

安全装置が付いていたりすると安い保険料になりますし、
ついていないと危険だと判断されて
高い保険料になってしまします。

 

さらに、運転者を家族限定にしたり、
年齢限定にすると、保険料を安くできるところもあります!

自動車保険の見積もり

簡単に自動車保険の保険料を調べるなら、
インターネットの一括見積もりを利用するのが1番です。

自動車保険を乗り換える際、
1社1社調べていくのは大変ですからね…

大手数社に対して一括で見積もりできれば
一覧で結果を見ることが出来るので、
とてもオススメです!

自動車保険の見積もりができるサイトは
「保険スクエアbang!」

ココでは最大20社の保険を一括で見積もりが出来ます。
もちろん無料です^^

見積もりをする前には
「自動車免許」
「車検証」
「現在加入している保険証券」
の3つは用意しておきましょう。

 

各項目を入力していき、
5分程度、試算にはたった1秒しか
かからないです。

リアルタイムで確認ができる会社なら
すぐにメールを送ってきますし、

対応していない会社は書類を
郵送で送ってきてくれます。

見積もり結果ページから直接
保険会社にオンライン申し込みをすることも出来ますし、

見積もり比較表のページは自由に数字やメモを
記入することが出来ますから、
郵送で届いた見積もりなどを入力して比較することが出来ます。
 

実際に、僕の父親がこのサイトを使って一括見積もりをしたら、
保険料がなんと平均20000円ほど安くなったそうです!

ここまで安くなる場合もあるので、是非
自動車保険の見積もりを試してみてください!

他にも「楽天保険一括見積もり」では
楽天の色々な特典を受けることが出来たりします。

見積もりサイトも色々とあるので、
自分に合ったサイトを選んで使ってみてください!

パソコン

価格.com

このサイトは様々な商品の
やっすい価格を調べることのできる
大人気サイトです!

ここは自動車保険についても、
最安値ランキングというのがあります。

自動車保険を見直すのにも大変役に立つと
思います!

このサイトは自動車保険者に
満足のいくランキングを提供していますので、

このランキングを参考にすれば保険選びに
失敗することは少ないと思います!

まとめ

面倒だとは思いますが、
自動車保険は放置せずに
しっかりと見積もりをとりましょう。

ほとんどの場合は
保険料を安くできると思います。

乗り換えるなら、自動車保険の更新時期
がオススメです!

是非次の更新日には乗り換えを
検討してみてください!

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す