スーツケースの「鍵」や「サイズ」などのおすすめの選び方


どういった所をポイントにしてスーツケース
選ぶと良いのでしょうか?

デザインだけで選んでしまっては、
実際に使う時に使いにくいと言う事も良くありますので、
これから挙げるポイントを是非参考にしてみてください!

スポンサードリンク

スーツケースの選び方

先ずは「値段」です。

何かを購入する際、出来るだけ安い方が良いと言う考えもあるんですが、
スーツケースの場合は安すぎるとやはり壊れやすいと言う場合が多いですので、
選ぶ際には特に注意が必要になります。

もちろん高い方が丈夫かもしれませんが、
そこまでスーツケースにお金をかける事も有りませんので、
適度な値段の物を選ぶ様にしましょう。

次に「重さ」です。

スーツケースを飛行機に乗せる場合、重さや大きさに制限が設けられていまして、
車輪込のサイズで大きい物、規定重量を超えているスーツケースに関しては
追加料金が取られる様になっております。

この追加料金が航空会社によって変わってくるんですが、
数千円~数万円となる場合もありますので注意してください。

スーツケース自体の重さが軽い程、
中に入れる荷物をたくさん入れる事が出来るようになりますので、
スーツケースの重さも重要視する事がポイントになりますね。

また「大きさ」に関しても車輪込で3辺の長さが規定以内じゃなければ、
追加料金となってしまいます。

ギリギリの大きさでも良いんですが、
サイズが大きいと壊れやすいと言うデメリットも出てきてしまいますので、
その点を理解して購入する様にするといいでしょう。

最後に「丈夫」という事も重要なポイントとなります。

破損しやすいスーツケースですと、いざ旅行先に行って困ることになったり、
1回の旅行で使えなくなったりしてしまいます。

それでは困りますよね。

スーツケースの選び方【鍵】

セキュリティに関してもスーツケースを選ぶ際のポイントに
しなくてはいけないです。

スーツケースは常に自分達の手元に置いている訳ではなくて、
飛行機に乗せる際には預けなくてはいけないので
けっこうな時間、手元から離す事になります。

選ぶポイントで車輪が大きい方が良いとか、
強度が強い方が良いとか色々とあるのですが、

こうした際に万が一と言う事態もあり得るので、
スーツケースを選ぶ際にはセキュリティ面を含め鍵について
考えていかなくてはいけないです。

最近のスーツケースには色んなタイプの鍵が取り付けられております。

南京錠タイプ、カードキータイプ、ダイヤルロック式タイプ、
シリンダキータイプ
とさまざま有ります。

どの鍵が付いているスーツケースが安全なのかと言うのは
一概には言えないですが、

絶対的に言えるのは鍵がかけられるタイプの
スーツケースを購入するのが安心ですね。

近年はアメリカに行く際には「TSAロック」と呼ばれる
シリンダーロック形式の鍵が付いていないと入国できないと言う
システムも有るんですが、

基本的にはスーツケースの鍵は開けるまでの時間稼ぎをする為に
有ると言っても良いと思いますので、
ロックさえ出来ればいいと言う考えで良いいですね。

TSAロック形式のシリンダーロックの鍵は、
鍵穴が有って鍵を使って開けるタイプの鍵になります。

また少し前までメジャーだったのがダイヤルロック式と言って、
3~4桁の数字で暗証番号を作って、
それを合わせる事でロックする事が出来るタイプの鍵も有ります。

その他にも鍵穴が無い、マグネットロックと言うタイプの鍵も有りますし、
カードロックも有ります。

色々鍵のタイプが有るんですが、スーツケースの車輪が大きい等の他にも、
自分が旅行に行く場所なども考慮してスーツケースを選ぶ際に鍵や
セキュリティ面にも目を向ける必要があると思います。

kagi

スーツケースの選び方【車輪の数】

ハードケースタイプとソフトケースタイプの2種類に大きく分けられる
スーツケースなんですが、

これらのスーツケースには車輪が2輪のタイプの物と、
4輪のタイプの物が有ります。

スーツケースを選ぶ際に大きい物が良いとか小さい物が良いとか
色々有ると思うのですが、
この車輪の数についても選ぶポイントとなるので覚えておくといいでしょう。

先ずは2輪のタイプのスーツケースなんですが、
車輪自体が1方向に固定されて取り付けられておりますので、

スーツケースを傾ける様にして真っ直ぐ
引っ張って歩くと言う場合に非常に便利です。

また2輪の場合は4輪の場合よりも大きい車輪が取り付けられている事が多い為、
比較的段差が有る場所などの、悪路に使用する場合
適している車輪ではないかと考えられます。

対して4輪のタイプのスーツケースですが、
安定性と言う面においては2輪と比較して抜群に良いと言って良いと思います。

4輪の場合はスーツケースを傾けなくても引っ張る事が出来たり、
色んな方向に動かす事が出来る
ので、狭い所を引っ張る時に非常に便利です。

また4輪の場合は腕に負担をかけずに引っ張ることが出来る為に、
重い荷物を運ぶ時に便利です。

こうして考えてみると車輪の数が2輪であろうと、
4輪であろうとメリット・デメリットがある事が分かる為、
用途に応じて選ぶ必要があると思います。

比較的スーツケースを運ぶ機会が少ない様な旅行の場合は
4輪タイプの物が良いでしょうし、

スーツケースを常に持ち運びながら歩く旅行の場合は
2輪タイプの物が良いでしょう。

用途に応じて選ぶ様にすると間違いないです。

■スポンサードリンク■

スーツケースの選び方【サイズ】

色々なサイズのスーツケースが有ります。

2~3泊用の小さいサイズのスーツケース
4~5泊用の中位のサイズのスーツケース
1週間用の大きいサイズのスーツケース等

 

様々なサイズのスーツケースが有りまして、
どのサイズを選ぶかはその人の用途によってかなり大きく違ってきます。

どのサイズのスーツケースでも車輪の大きさが違っていたり、
引く部分が違っていたり、ボディの柔らかさが違っていたりと色々違いますので、
そこは好みに応じて選んでいくと良いでしょう。

ちなみに旅行上級者は大きいサイズのスーツケースではなくて、
荷物を最小限にして小さいサイズのスーツケースを選ぶ傾向が有るみたいです。
車輪を大きくして運びやすいタイプの物を選ぶ事も多いみたいです。

規定は国際線や国内線、それぞれの航空会社によってけっこう違うんですが、
スーツケースを預け入れる為のサイズの上限が決まっております。

平均的に車輪を含めた3辺の合計が160cmまでと言う所が多い様ですね。

それ以上の大きさのスーツケースの場合は、超過サイズによって
超過料金を支払わなければいけませんので注意が必要になります。

ですから基本的にはこのサイズ以下の
スーツケースを選んでおくと間違いはないです。

今は旅行鞄ショップには手荷物預け入れサイズ、
機内持ち込みサイズと言う様に表記がされて販売されている事が
ほとんどですので、ポイントとして見ておくと良いでしょう。

ただし実際にスーツケースを目の当たりにしても、
そのサイズが大きいのか小さいのか分からない場合が非常に多いですよね。

その場合は、インターネットのスーツケースショップで
出されている画像を見てみるとイメージが湧きやすいと思うので、
参考にしてみてください。

スーツケースの選び方【ハード・ソフト】

ハードタイプとソフトタイプ、
大きく分けて2つのタイプがスーツケースには存在します。

ハードタイプは「硬いジュシデ」作られているスーツケースで、
ソフトタイプは「布地」で作られているスーツケースになります。

イメージとしてソフトタイプの方が強度や耐久性と言う面で
ハードタイプより弱いのではないかと言うイメージが有るんですが、

現在はソフトタイプはより頑丈に、
ハードタイプはより軽量に製造されている傾向に有る事から、
強度や耐久性にはさほど差が無い様な感じとなっていますね。

その為、ハードタイプとソフトタイプのどちらのスーツケースを選ぶかは
使う方の好みの問題になってくるかと思うんです。

比較的大きいタイプのスーツケースの場合は、
ハードタイプのスーツケースの方が多く製造されているみたいですし、

小さいタイプのスーツケースにはソフトタイプのスーツケースも
たくさん製造されている様に感じます。

車輪に関してもハードタイプとソフトタイプとではほぼ変わらない
車輪を使っている
と思いますので、好みの物を選ぶといいでしょう。

車輪が大きい程、耐久性と静音性が増すと考えられますので
覚えておくと良いですね。

耐久性や強度はBodyが何で出来ているかと言うよりは、
メーカーによって差が出てくる様に感じますので選ぶ際には
どのメーカーのスーツケースを選ぶかを考慮するといいでしょう。

値段や軽量性と言う面ではソフトタイプの方が現時点では優位だと思いますので、
その点もスーツケースを選ぶポイントとして覚えておくと良いと思います。

スーツケースの選び方【静音】

あの「ガラガラ」と言う音!

スーツケースを引く際に結構音が大きいなと感じた事はないですか?

音を比較的小さくする方法としては車輪が大きい物、
2輪のタイプの物を選ぶ様にすると良いと言われております。

しかし大きいスーツケースを持っていきたいと言う場合には、
2輪のタイプの物だと非常に動かしにくくなってしまいますよね。

では音が大きくても4輪のタイプのスーツケースで
我慢しなくてはいけないんでしょうか?

そこでオススメしたいのが「静音タイプの車輪」が付いている
スーツケースを選ぶ事です。

静音タイプの車輪には音が出にくい様に
車輪の中にスプリングが入っております。

これによって運ぶ時の衝撃が吸収されて、
音が出にくくなると言う仕組みになっているんです。

この静音タイプの車輪は比較的大きいタイプの車輪になりますので、
安定感も非常によくなりますし
4輪のスーツケースでも静かになると言う事になります。

近年この様に静音タイプの車輪が付いたスーツケースが
多数販売される様になってきております。

もしも現時点でスーツケースのガラガラとした音が気になっている方で、
今後新たにスーツケースを購入する場合でしたら、
こうした車輪が付いたスーツケースを選ぶのが良いですね。

また通常の車輪が付いている物から静音タイプの車輪に
交換できると言うスーツケースもあると思いますので、
気になる方はメーカーに直接問い合わせてみると良いと思います。

音が小さくなるだけで、
より快適にスーツケースを運ぶ事が出来る様になりますよ^^

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す