転職の際の志望動機の答え方!面接で気を付ける事とは?


通常、就職をする際には面接があります。

そこで、志望動機を聞かれることになると思うのですが、
新卒採用と中途採用では聞かれる内容が少し違ってきます!

今日は転職面接の志望動機や注意点について
お伝えしていきたいと思います!

スポンサードリンク

転職面接について

転職などで中途採用になる場合は、
新卒同様に志望動機を聞かれるのですが、

転職面接では、必ずと言っていいほど
職務履歴を聞かれます。

そこで採用担当者が見ているポイントはいくつかあり、
面接を受ける人が、

・しっかりとこの業界や会社を意識しているか?
・仕事内容を理解をしているか?

 
そしてそこから発展して

どのくらいその人が会社に貢献してくれるのかということ
判断しています!

外からイメージしていた会社と、
実際の会社の実情が違うというのは
本当によくあり、

そのギャップせいで入社してからモチベーションが
下がってしまう方も少なくはないです。

そこで、はっきりと何がしたいかという
明確な意思を持っている方は評価が高くなるでしょう!

志望動機で「~をしてみたい」と希望だけ
言うのは非常に好ましくはないです。

それまで、どんな仕事をしていて
それをどのようにして活かしていきたいのかという事
具体的に述べる必要があります。

 

自分が貢献できそうな部分について強く
言えると非常に好印象ですね!

自分がこの仕事に対して、強く興味関心を持っている
という事をしっかりとアピールできるようにしましょう!

説明

転職面接での注意点

次に面接時の注意点についてお伝えします。

初めに注意してほしいのが
【相手に印象が良くない事を言っていないか】
ですね。

これが出来ていないせいで
落とされてしまっている方は多いです。

例えば「○○社に紹介を受けた」と言う人が
いますが、これは辞めたほうがいいです。

紹介されて面接に行くのはきっかけであり、
志望動機ではないです。

キャリア・コンサルタントなどで推薦されたというのなら
まだ分かるのですが、言われるがままに来たと分かったら
相手もいい印象を抱かないでしょうね。

また、志望動機で「御社が安定している会社なので志望しました」
などと言う方もいますが、
これも辞めたほうがいいですね。

このような動機は、仕事内容よりも、ただ楽をしたいと
いうイメージ
を相手に与えてしまいます。

困る

面接では、あちらから質問されるだけではなくて、
こちらから聞くこともあると思います。

その際に、沿革や従業員数などのホームページに
書いていそうな質問をするのは辞めましょう。

その会社について前もって調べておくというのは常識ですし、
そんな事を尋ねてしまうと、情報を全く仕入れていないという事が
相手にバレバレ
になってしまいます!

言う場合は、公開されている情報に対して
自分なりの考えを付け足す工夫をしたほうがいいですね。

 

次に注意してほしいのが
【聞かれたことに対してきちんと答える】
です。

こんなの当たり前じゃんって思うかもしれませんが、
これは意外とできていない方が多いです。

例えば「自己紹介をしてください」と聞かれたときに
自分の夢や志望動機を語ってしまう人がいます。

014247

強い思いを語るのはいいんですが、面接では
あくまで聞かれたことに対してきちんと答える
ことが重要ですね。

質問に対してしっかりと答えられると、
印象が良くなりますし、優れた人材だと
捉えられるかもしれないです。

志望動機の注意点

まず、どこの面接でも
ほぼ必ず聞かれるのがこの志望動機です。

これをしっかりという事が出来なければ
採用は難しくなるでしょう。

会社に志望動機を訪ねれれる意図は
その会社への志望度、理解度を確かめることにあります。

そこで大事になってくるのは
「自分らしさをしっかりと出す」という事です!

企業説明やホームページで気になった事を言うだけでは、
その他大勢いる志望動機となんら変わりないでしょう。

面接官も同じ内容のものを聞き飽きているはずなので、
「またか…」と思われてしまいます。

プリント

これでは全く印象に残りません。

転職なら、過去にどのような仕事をしてきて、
それがどんな風に新しい仕事場で活かせるのか

話した方がいいです。

 

あなたの今までの経験から、
きっと企業に絡めた話が出来るはずです!

自分の経験を交えて話すと、話の内容に
オリジナリティが出て、相手の記憶に残りやすくなります!

ポジティブな答えを

転職の場合は前職の退社理由を
聞かれることがあります。

その、退社理由がネガティブなものだったとしても
必ずポジティブな形で終わらせましょう。

会社もネガティブな事をいう人をわざわざ雇おうとは
思わないでしょう。

「…が嫌になって」などの言葉は
絶対に言わないほうがいいです。

ここでは、なぜこの企業で働きたいかをしっかりと伝えることが
大切です!

 

それをきちんと答える為には、その企業の事を
しっかりと知っておく必要があります。

ホームページなどをチェックしていると、
色々と共感できる部分や
自分が役に立てるなっと思える部分が出てくると思いますので、

それを志望動機の中に取り入れてください!

まとめ

いかがでしたか?

転職面接は新卒面接に比べて
聞かれることも多くなると思いますが、

前職の経験などを含んで話せば
意外とスラスラと話せます。

今回お話したことを守って
転職を活動を成功させてくださいね!

■スポンサードリンク■



■いかがでしたか?参考になれば幸いです。■


なるほど日記では「なるほど!」
と思えるような質の高い情報を発信しております。
もし気に入っていただけましたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただければとっても嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントを残す